不景気.com > 買収合併 > パナソニックが三洋・パナ電工を完全子会社化、8000億円規模

パナソニックが三洋・パナ電工を完全子会社化、8000億円規模

パナソニックが三洋・パナ電工を完全子会社化、8000億円規模

パナソニックは、2011年4月をめどに連結子会社の「三洋電機」と「パナソニック電工」を完全子会社化すると発表しました。

パナソニックが三洋電機1株当たり138円、パナソニック電工1株当たり1110円で株式公開買付(TOB)を実施、全発行済株式を取得した場合の最大買付価格は8184億円となる見通し。

また、パナソニックでは買付に手元資金を充当するものの、完全子会社化後の財務基盤の安定化を目的として5000億円を上限とする株式発行登録を行っています。

環境・エネルギー市場の拡大や新興国市場の急成長に対応するためには、機動的な経営が可能となる完全子会社化が有効と判断し今回の決定に至ったようです。

パナソニック電工及び三洋電機の完全子会社化に向けた合意のお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事