不景気.com > 国内倒産 > 香川の鶏卵卸売「苗田商店」が民事再生法を申請

香川の鶏卵卸売「苗田商店」が民事再生法を申請

香川の鶏卵卸売「苗田商店」が民事再生法を申請

香川県丸亀市に本拠を置く鶏卵及び飼料販売の「苗田商店」は、7月22日付で高松地方裁判所丸亀支部へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1928年に創業の同社は、鶏卵の卸売や養鶏農家への飼料販売などを主力に事業を展開。しかし、景気低迷による販売不振や単価下落を受け業績が落ち込み、遂に支えきれず今回の措置となったようです。

なお、大証2部上場の「日和産業」は、同社に対して売掛債権および貸付金債権の約5億円が取立不能になる恐れを明らかにしています。

四国新聞(電子版)によると、負債総額は約17億円

債権の取立不能のおそれに関するお知らせ

苗田商店が再生法申請/負債17億円 | 香川のニュース | 四国新聞社

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事