不景気.com > 国内リストラ > ネクストが賃貸保証業務から撤退、債務超過の子会社売却で

ネクストが賃貸保証業務から撤退、債務超過の子会社売却で

ネクストが賃貸保証業務から撤退、債務超過の子会社売却で

東証1部上場のインターネットサービス業「ネクスト」は、賃貸保証事業を手掛ける子会社「ネクストフィナンシャルサービス」(NFS)を売却し、同事業から撤退すると発表しました。

ネクストは不動産情報のポータルサイト「HOME'S」を1997年から運営しており、NFSはそれに係る賃貸保証や保険業務を主力に事業を展開していました。

しかし、賃貸保証事業の伸び悩みからNFSの債務超過が続いていることに加え、グループにおける「選択と集中」の一環としてネットサービス事業に注力する方針もあり、事業譲渡の決定に至ったようです。

今後は増資により債務超過を解消した後、8月をめどに「ホームネット」社へ事業譲渡する予定で、譲渡額は2万2520円。また、これに伴い、ネクストでは2億2900万円の特別損失を計上することも合わせて明らかにしています。

特別損失の発生及び役員報酬減額に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事