不景気.com > 国内倒産 > 広島の「中川木材」が自己破産を申請し倒産、負債10億円

広島の「中川木材」が自己破産を申請し倒産、負債10億円

広島の「中川木材」が自己破産を申請し倒産、負債10億円

広島県三原市に本拠を置く木材・建材販売の「中川木材」は、6月30日付で広島地方裁判所・尾道支部へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1910年に創業の同社は、木材および住宅設備機器の販売を主力とするほか、最盛期には宅地分譲やホテル・キャンプ場経営にも進出し、ピーク期には年間約38億円の売上を計上していました。

しかし、バブル崩壊とともに業績は急転し1997年には和議を申請すると、近年は住宅不況による受注減で業績が大幅に悪化。回収の長期化や焦げ付き、和議債務の返済などで資金繰りが逼迫し、遂に今回の措置となったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約10億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事