不景気.com > 国内倒産 > 釧路の土木工事「村上建設」が事業停止、負債17億円

釧路の土木工事「村上建設」が事業停止、負債17億円

釧路の土木工事「村上建設」が事業停止、負債17億円

北海道釧路市の土木工事「村上建設」は、6月30日付で事業を停止したことが帝国データバンクの調べで明らかになりました。

1969年に創業の同社は、釧路・根室エリアにて下請による公共土木工事を主力に事業を展開。中小建設業者を相次ぎ吸収合併するなどして、2008年4月期には年間約27億円の売上を計上していました。

しかし、景気低迷による公共工事の縮減で受注が落ち込んだことに加え、2008年8月には取引先の「中村組」に約1億4000万円の焦げ付きが発生。設備投資による借入金負担が重くのし掛かり、今回の事態に至ったようです。

帝国データバンクによると、2009年4月期末時点の負債額は約17億700万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事