不景気.com > 海外リストラ > 医薬品世界大手「メルク」が16拠点閉鎖し15000人を削減へ

医薬品世界大手「メルク」が16拠点閉鎖し15000人を削減へ

医薬品世界大手「メルク」が16拠点閉鎖し15000人を削減へ

アメリカの医薬品製造大手「メルク」は、全世界を対象に16拠点の閉鎖と、それに伴う大規模な人員削減を明らかにしました。

これは、2009年に実施された「シェリングプラウ」との合併による効率化を目的として行われるもので、閉鎖されるのは研究施設と生産施設の各8拠点。

また、拠点閉鎖に伴い、全従業員10万人の15%に相当する約1万5000人の人員削減を実施する方針。

世界140ヶ国で事業を展開する同社は、日本では「万有製薬」を傘下に持つ医薬品の世界大手メーカーとして知られています。

Merck Details Plans to Advance Integration Worldwide

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事