不景気.com > 雇用問題 > 日本郵政の正社員登用へ非正規社員3万4098名が応募

日本郵政の正社員登用へ非正規社員3万4098名が応募

日本郵政の正社員登用へ非正規社員3万4098名が応募

日本郵政グループは、非正規社員を対象に募集した正社員登用への応募者が3万4098名だったと発表しました。

対象となったのは、勤続3年以上などの条件を満たした非正規社員約6万5000名。半数以上が正社員への登用を希望しており、今後は試験を実施した後、今年中にも結果が明らかにされます。

なお、応募者の内訳は、日本郵政が56人、郵便事業が28585人、郵便局が4442人、ゆうちょ銀行が736人、かんぽ生命保険が279人。

非正規社員の保護を名目に大規模な正社員化を進める一方、人件費の高騰による収益の悪化を懸念する見方もあり、今後の郵政改革に影響を与える可能性もありそうです。

非正規社員から正社員への登用にかかる応募者数について - 日本郵政

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事