不景気.com > 不景気ニュース > JALが「ホテル日航日立」から運営撤退、別名で営業へ

JALが「ホテル日航日立」から運営撤退、別名で営業へ

JALが「ホテル日航日立」から運営撤退、別名で営業へ

日本航空のホテル運営子会社「JALホテルズ」は、「ホテル日航日立」のオーナー「KCプレミアホテル日立」との運営管理契約を終了し、9月末をもって運営から撤退すると発表しました。

茨城県日立市に位置する同ホテルは、1992年に「ホテルサンガーデン日立」として開業。2005年からはニッコー・ホテルズ・インターナショナルのチェーンホテルとして、現名称で営業を行っていました。

しかし、会社更生手続中のJALは、「JALホテルズ」の売却が噂されるなど、本業回帰による経営再建を目指していることから、今回の運営撤退を決定したようです。

なお、10月以降は「ホテル テラス ザ スクエア 日立」として営業を継続するとのこと。

『ホテル日航日立』の運営終了 - JALホテルズ

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事