不景気.com > 国内倒産 > 徳島の仏壇製造「フジモト」が民事再生法を申請、負債18億

徳島の仏壇製造「フジモト」が民事再生法を申請、負債18億

徳島の仏壇製造「フジモト」が民事再生法を申請、負債18億

徳島県松茂町に本拠を置く仏壇製造の「フジモト」は、6月29日付で徳島地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1914年に創業の同社は、全国の仏壇販売業者を主な取引先として高級唐木仏壇の製造を展開。老舗の技術と最新システムの導入で業績を上げ、ピーク期の2000年には年間約20億円の売上を計上していました。

しかし、近年は集合住宅の増加や設置スペースの問題で仏壇需要が低迷し、高級品を中心に売上が減少。多額の借入金が資金繰りを逼迫、単独での経営再建を断念し今回の事態に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約18億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事