不景気.com > 国内倒産 > 埼玉の店舗建築「アート住建」が自己破産申請し倒産、負債20億

埼玉の店舗建築「アート住建」が自己破産申請し倒産、負債20億

埼玉の店舗建築「アート住建」が自己破産申請し倒産、負債20億

埼玉県川越市に本拠を置く建築業の「アート住建」は、6月30日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1995年2月に設立の同社は、飲食店やスポーツショップ・ショールームなど店舗施設の建築工事を主体に事業を展開。活発な受注を受け業容を拡大し、2009年2月期には年間約27億円の売上を計上していました。

しかし、好調な受注に反して景気低迷による単価下落が経営を圧迫すると、回収遅延や焦げ付きなどの外部要因も加わり資金繰りが悪化。これ以上の事業継続は困難と判断し、遂に今回の措置となったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約20億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事