不景気.com > 企業不況 > アクロディアが監理銘柄(確認中)指定へ、報告書の提出遅延で

アクロディアが監理銘柄(確認中)指定へ、報告書の提出遅延で

アクロディアが監理銘柄(確認中)指定へ、報告書の提出遅延で

東京証券取引所は、マザーズに上場するモバイル向けミドルウェア開発の「アクロディア」を監理銘柄(確認中)に指定したと発表しました。

これは、同社の子会社「AMS」が過去に行った取引において、不適切な会計処理が行われていた疑いが生じたことで、7月15日が期限となる四半期報告書の提出が困難となったための措置。

同社では、外部調査委員会を設置し当該疑義について調査を継続するほか、四半期報告書は8月13日までに提出する見込みを明らかにしています。

なお、東証の規定では8月15日までに報告書を提出できない場合、上場廃止の措置がとられます。

東証 : 監理銘柄(確認中)の指定について-(株)アクロディア-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事