不景気.com > 赤字決算 > 「牛丼御三家」の勝負明暗、吉野家が一人負けの様相

「牛丼御三家」の勝負明暗、吉野家が一人負けの様相

「牛丼御三家」の勝負明暗、吉野家が一人負けの様相

牛丼チェーン大手3社が発表した5月度の既存店売上高によると、「すき家」「松屋」が売上を伸ばす一方、「吉野家」は前年同月比で13.9%減となる大幅な悪化を記録したことが明らかになりました。

牛丼大手3社:既存店の5月度月次推移(前年同月比)

売上高 客数 客単価 店舗数
吉野家 86.1% 86.5% 99.6% 1183店
すき家 117.3% 127.1% 92.3% 1452店
松屋 103.0% 113.8% 90.5% 786店

吉野家は、4月に実施した牛丼値下げキャンペーンの反動から5月に入ると売上・客足ともに急減。他2社がキャンペーンの継続などで売上を伸ばす中、価格面で後れを取り厳しい戦いが続いています。

また、親会社「吉野家ホールディングス」の低迷も続いており、子会社のステーキチェーン「どん」が債務超過転落により上場廃止に追い込まれるなど、業績回復への糸口をつかめずにいるのが現状と言えそうです。

各社IRページ:吉野家 | すき家 | 松屋

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事