不景気.com > 国内倒産 > 愛知の水産物加工「やま庄水産」が破産決定受け倒産、負債15億

愛知の水産物加工「やま庄水産」が破産決定受け倒産、負債15億

愛知の水産物加工「やま庄水産」が破産決定受け倒産、負債15億

愛知県南知多町に本拠を置く水産加工品卸の「やま庄水産」は、6月4日付で名古屋地方裁判所から破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1887年に創業、1966年に法人化した同社は、イカを中心とする水産物の加工および卸販売を主力に事業を展開し、1991年2月期には年間約94億円の売上を計上するなど業績を伸長させていました。

しかし、消費不況による加工受注の低迷や、魚介類の仕入れ価格高騰により収益は悪化。設備投資等の借入金が資金繰りを逼迫したため、2009年8月には事業を停止し、遂に今回の措置となったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約15億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事