不景気.com > 買収合併 > USENが子会社「インテリジェンス」を325億円で売却

USENが子会社「インテリジェンス」を325億円で売却

USENが子会社「インテリジェンス」を325億円で売却

「USEN」は、人材サービスを手掛ける100%出資子会社「インテリジェンス」を325億円で売却すると発表しました。

売却先はアメリカのプライベートエクイティ大手「コールバーグ・クラビス・ロバーツ」(KKR)の投資目的会社「メティス」で、7月下旬をめどに保有する全株式を譲渡する予定。

業績が悪化しているUSENは、経営資源を有線放送事業に集中させ再建を目指す方針を明らかにしており、インテリジェンスが手掛ける人材サービスとのシナジー効果は依然として大きいものの、売却による財務体質の改善が先決と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、売却益を有利子負債の圧縮に充て、早期の経営再建に繋げる見通し。

連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事