不景気.com > 国内倒産 > 大分の土木工事「タナベクリエート」が自己破産申請し倒産へ

大分の土木工事「タナベクリエート」が自己破産申請し倒産へ

大分の土木工事「タナベクリエート」が自己破産申請し倒産へ

大分県大分市に本拠を置く土木工事の「タナベクリエート」は、5月28日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1963年に設立の同社は、国や県など官公庁を主な取引先として土木・舗装工事を展開し、2001年5月期には約80億円の年間売上を計上するなど当地では相応の知名度を有していました。

しかし、2004年には業績悪化から負債約37億円を抱え民事再生法の適用を申請。2008年には再生手続が終結したものの、昨今の景気低迷による公共工事の縮減などで再び業績が悪化に転じ、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約27億6500万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事