不景気.com > 不景気ニュース > 茨城空港から国内便撤退へ、スカイマークが神戸便を運休で

茨城空港から国内便撤退へ、スカイマークが神戸便を運休で

茨城空港から国内便撤退へ、スカイマークが神戸便を運休で

ローコストエアライン大手の「スカイマーク」は、1日1往復で運航している「茨城-神戸便」を9月から運休すると発表しました。

同便は茨城空港に就航する唯一の国内定期便で、運休後の定期便は韓国「アシアナ航空」が運航するソウル便のみとなる見通し。

同社によると、「搭乗率は想定より好調に推移しているものの、整備コストを含めた黒字化には1日3便以上の運航が必要」とした上で、「自衛隊百里基地との共用空港であるため、自衛隊の指揮下で運航しなければならず増便は困難」と判断したようです。

今年3月に開港した「茨城空港」を巡っては、当初、国内定期便の運航がなかったことで計画の甘さを指摘されており、4月16日に就航したばかりの茨城-神戸便の撤退は空港運営に大きな痛手となりそうです。

「神戸‐茨城線」の運休について

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事