不景気.com > 国内リストラ > シニアコミュニケーションが希望退職で20名削減、社員半減

シニアコミュニケーションが希望退職で20名削減、社員半減

シニアコミュニケーションが希望退職で20名削減、社員半減

東証マザーズ上場のシニアマーケット・コンサルティング「シニアコミュニケーション」は、希望退職者の募集による20名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは全社員で、総勢43名の社員を半減させる見通し。また、退職者は会社都合退職扱いとし、希望者には再就職支援を実施する方針。

同社は粉飾決算を理由とする過年度決算の訂正を明らかにしており、業績悪化が懸念されることから経営体制の再構築が急務と判断し、人員削減に踏み切ったようです。

粉飾決算の事実に伴い、同社は6月4日付で東京証券取引所より「監理銘柄の指定」を受けています。

希望退職者募集に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事