不景気.com > 国内倒産 > 京都の「旅館美津濃」が破産手続の開始決定を受け倒産

京都の「旅館美津濃」が破産手続の開始決定を受け倒産

京都の「旅館美津濃」が破産手続の開始決定を受け倒産

京都市左京区の宿泊施設「旅館美津濃」は、6月4日付で京都地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1950年に創業の同館は、鴨川や平安神宮の近くに位置する客室数18室の旅館で、修学旅行生などの団体観光客を主な顧客として営業を行っていました。

しかし、レジャーの多様化に加え景気低迷による旅行者の減少で売上が落ち込むと、資金繰りの悪化から京都市による不動産の差し押さえ設定がなされるなど信用が失墜。今後も業績回復が見込めないと判断、5月30日に事業を停止し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約3億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事