不景気.com > 国内倒産 > ラディア系派遣業の旧「クリスタル」が特別清算を申請、負債73億

ラディア系派遣業の旧「クリスタル」が特別清算を申請、負債73億

ラディア系派遣業の旧「クリスタル」が特別清算を申請、負債73億

元ラディアホールディングス傘下の人材派遣業「ラディアホールディングス・プレミア」(旧商号:クリスタル)は、5月21日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

京都市で1974年に設立された同社は、1990年に商号を「クリスタル」へ改称し人材派遣事業を拡大。好況期には200億円近い年間売上を計上するなど、同業大手として積極的な展開を見せていました。

しかし、その後は税務上の問題や偽装請負等が表面化し信用が失墜。2006年11月にはラディアHD(旧グッドウィル・グループ)の傘下入りしたものの、2009年9月にはラディアHDが事業再生ADR手続を申請したことで経営の後ろ盾を失い、今年4月には解散を決議していました。

帝国データバンクによると、2009年6月期末時点での負債総額は約73億5300万円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事