不景気.com > 企業不況 > イトーキが家庭用家具の卸売子会社「上田商事」を解散

イトーキが家庭用家具の卸売子会社「上田商事」を解散

イトーキが家庭用家具の卸売子会社「上田商事」を解散

東証・大証1部上場のオフィス家具大手「イトーキ」は、96.4%出資子会社「上田商事」を7月30日付で解散すると発表しました。

石川県金沢市に本拠を置く同子会社は、1962年に設立。北陸エリアにて家庭用家具の卸売を主力に事業を展開していました。

しかし、景気低迷による小売店の減少や低価格品との競争激化で売上が減少すると、近年は債務超過が続くなど業績が悪化。業況回復は望めないと判断し解散の決定に至ったようです。

今後は12月24日をめどに清算を結了する予定。なお、イトーキによると「解散の影響は軽微で、業績予想の変更はない」とのこと。

子会社である株式会社上田商事の解散に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事