不景気.com > 国内倒産 > 北九州の「大内田建設」が自己破産申請し倒産へ、負債40億

北九州の「大内田建設」が自己破産申請し倒産へ、負債40億

北九州の「大内田建設」が自己破産申請し倒産へ、負債40億

福岡県北九州市に本拠を置く建設業の「大内田建設」は、6月29日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1950年に創業、1982年に設立の同社は、マンション建設を主体に商業施設や公共施設・病院などの建設も手掛け、ピーク期には100億円以上の売上を計上するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷によるマンション需要の落ち込みで受注が大幅に減少し業績が悪化。また、建設業法違反で代表が逮捕される事態となり信用が失墜し、同件に関して営業許可を取り消される処分を受けたことで事業継続が困難となり今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約40億円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事