不景気.com > 企業不況 > 日本インターの事業再生ADR手続が成立、52億円のDESへ

日本インターの事業再生ADR手続が成立、52億円のDESへ

日本インターの事業再生ADR手続が成立、52億円のDESへ

東証1部上場の半導体製品製造「日本インター」は、4月26日に申請していた「事業再生ADR手続」が、6月22日付で成立したと発表しました。

同手続の成立の伴い、約51億円におよぶ債務の株式化(DES)や、借入金約98億円の返済条件緩和による金融支援策のほか、中国企業を割当先とする2億5000万円相当の第三者割当増資を実施する方針。

これら施策により、2011年3月期上期において債務超過を解消する見通しで、懸念されていた上場廃止を回避すべく経営改革を進めていくとのこと。

また、経営責任を明確にするため、6月30日開催の株主総会をもって現代表取締役社長が取締役を退任する予定を合わせて明らかにしています。

事業再生ADR 手続の成立に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事