不景気.com > 国内倒産 > 岐阜の飲食店経営「モリ・アキ」が破産申請し倒産、負債30億

岐阜の飲食店経営「モリ・アキ」が破産申請し倒産、負債30億

岐阜の飲食店経営「モリ・アキ」が破産申請し倒産、負債30億

岐阜市に本拠を置く「モリ・アキ」は、6月11日付で岐阜地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1935年に「森明商事」として創業、1967年に現商号で法人化した同社は、飲食店経営を主体に人材派遣や広告業・店舗の空調設備工事などへ事業を拡大。

飲食店経営では岐阜市近郊や近県へ積極的に出店を重ね、2009年3月期には年間約47億円の売上を計上するなど業績は好調に推移していました。

しかし、景気低迷の影響で売上が急減すると、事業拡大時の借入金が資金繰りを逼迫し経営が悪化。今後も業績回復が見込めないことから、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約30億円の見通し。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事