不景気.com > 国内倒産 > 中古トラック販売の「松戸自動車販売」が事業停止、負債14億

中古トラック販売の「松戸自動車販売」が事業停止、負債14億

中古トラック販売の「松戸自動車販売」が事業停止、負債14億

千葉県松戸市に本拠を置く中古トラックの販売業「松戸自動車販売」は、6月28日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1973年に創業の同社は、中小運送業者を主な取引先として、中古トラックの販売を主力に新車トラック・トレーラー販売にも事業を拡大。ピーク期の2009年2月期には年間約13億円の売上を計上していました。

しかし、景気低迷による運送業界の落ち込みが顕著になると、同社の受注は大幅に減少し業績が悪化。代表者の死去に伴い対外的な信用も緩み、これ以上の事業継続は困難と判断したようです。

帝国データバンクによると、2010年2月期末時点の負債総額は約14億1200万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事