不景気.com > 企業不況 > 北九州のスーパー「丸和」が継続企業の前提に疑義、DES要請

北九州のスーパー「丸和」が継続企業の前提に疑義、DES要請

北九州のスーパー「丸和」が継続企業の前提に疑義、DES要請

福岡県北九州市に本拠を置く福証上場のスーパーマーケット経営「丸和」は、2011年1月期第1四半期報告書において「継続企業の前提に関する疑義」を注記すると発表しました。

2期連続で営業赤字に陥るなど経営が悪化している同社は、債務削減策の一環として取引金融機関に対し「債務の株式化」(DES)を含む金融債務の圧縮を要請。

そのため、金融機関との協議の如何によっては継続企業の前提に重要な疑義が生じる可能性があるとして、報告書への注記に至ったようです。

今後は、不採算店の閉店を加速させるほか、親会社「ユアーズ」とのグループシナジー効果を追求し、経営再建を目指す方針。

継続企業の前提に関する注記についてのお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事