不景気.com > 国内倒産 > 「LoveFM」運営の「九州国際エフエム」が特別清算を申請へ

「LoveFM」運営の「九州国際エフエム」が特別清算を申請へ

「LoveFM」運営の「九州国際エフエム」が特別清算を申請へ

福岡市に本拠を置くFMラジオ放送局「九州国際エフエム」は、ラジオ放送事業を譲渡し、解散および特別清算申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1996年に設立の同社は、福岡市や北九州市・福岡県のほか、地元企業が出資する第三セクター。福岡県や佐賀県の一部などを放送対象地域として、「LoveFM」の愛称で多言語放送を展開していました。

しかし、インターネットの普及や景気低迷による広告収入の落ち込みで業績が悪化。債務超過に陥るなど資金繰りが逼迫したため、放送設備の改修が困難となり、単独での事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

今後は放送事業を「天神エフエム」運営の西鉄グループへ譲渡する方針で、「LoveFM」の放送は継続される見通し。

帝国データバンクによると、2010年3月期末時点の負債総額は約3億8500万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事