不景気.com > 赤字決算 > ケネディクスの10年12月期は純損失24億円の赤字転落へ

ケネディクスの10年12月期は純損失24億円の赤字転落へ

ケネディクスの10年12月期は純損失24億円の赤字転落へ

東証1部上場の不動産ファンド運営業「ケネディクス」は、2010年12月期通期連結業績を下方修正し、純損益で24億円の赤字転落見通しを明らかにしました。

2010年12月期通期連結業績予想:ケネディクス

売上 営業損益 純損益
前回予想 449億円 86億円 4億円
今回予想 315億円 79億円 △24億円

これは、連結子会社や固定資産の譲渡などによる約22億円の特別損失を計上するための措置。

なお、同社の持分法適用会社で5月6日に民事再生法の適用を申請した「コマーシャル・アールイー」に係る損失はすでに引当済みのため、今回の業績予想には関連していないようです。

特別損失の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事