不景気.com > 不景気ニュース > JALが株主優待制度を廃止、批判受け継続断念

JALが株主優待制度を廃止、批判受け継続断念

JALが株主優待制度を廃止、批判受け継続断念

会社更生手続により経営再建中の「日本航空」(JAL)は、株主優待制度を廃止すると発表しました。

同制度は、一定数以上の株式を保有する株主を対象に、国内線の普通運賃から半額の優待が受けられるもので、この株主優待を目当てに同社株を購入した株主もいたことから、制度継続の是非を慎重に検討していました。

しかし、「株主にも経営責任の一端がある」との批判が根強く、また株を売却した旧株主からの反発もあったことから、制度継続の断念を決定したようです。

また、毎年末に配られ人気を得ていた「オリジナルカレンダー」の配布も、今後行わない予定。

JAL投資家情報 - 株主優待制度に関するお知らせ

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事