不景気.com > 国内倒産 > グッズ製造の「アイ・ティ・ディ」が破産決定受け倒産、負債15億

グッズ製造の「アイ・ティ・ディ」が破産決定受け倒産、負債15億

グッズ製造の「アイ・ティ・ディ」が破産決定受け倒産、負債15億

東京都台東区に本拠を置くグッズ企画製造の「アイ・ティ・ディ」は、6月2日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1998年に設立の同社は、販促用ノベルティーグッズやアミューズメント施設向け景品などの企画・製造を主体に事業を展開し、2009年3月期には年間約16億円の売上を計上するなど業績は順調に推移していました。

しかし、景気低迷が進むと取引先の予算削減で受注は大幅に減少。また、本業外のデリバティブ取引で損失を計上したため資金繰りが逼迫、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約15億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事