不景気.com > 買収合併 > 富士通と東芝が携帯電話事業を統合、富士通が主導権か

富士通と東芝が携帯電話事業を統合、富士通が主導権か

富士通と東芝が携帯電話事業を統合、富士通が主導権か

電機大手の「富士通」と「東芝」は、携帯電話事業の強化を目的とした事業統合で基本合意に達したことを明らかにしました。

10月1日をめどに、富士通が過半を出資する新会社を設立し東芝の携帯事業を移管する予定で、今後は詳細を協議の上で7月末にも最終契約を締結する方針。

国内市場が頭打ちとなり売上が伸び悩む中、両社とも海外市場への積極的な進出が急務と判断。東芝の持つスマートフォン開発技術をテコに、先行する海外メーカーへ挑むべく今回の統合を決定したようです。

富士通と東芝、携帯電話事業の統合で基本合意: 富士通

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事