不景気.com > 企業不況 > 大和システム・リミックスポイント・フライトが上場廃止猶予期間へ

大和システム・リミックスポイント・フライトが上場廃止猶予期間へ

大和システム・リミックスポイント・フライトが上場廃止猶予期間へ

東京証券取引所は、東証1部上場の「大和システム」、マザーズ上場の「リミックスポイント」「フライトシステムコンサルティング」を、上場廃止に係る猶予期間入りに指定すると発表しました。

3社とも、2010年3月期決算において上場廃止基準に定める債務超過に陥っていることが理由で、猶予期間の2011年3月末日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

このうち、大和システムは、私的整理の一つである「事業再生ADR手続」を申請しており、債務超過相当額の債務免除を目指し取引金融機関と協議を行っています。

また、リミックスポイントは第三者割当増資により債務超過を解消する見込みであることを発表しています。

東証 : 猶予期間入り銘柄等の状況

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事