不景気.com > 海外倒産 > ニューヨークのライブハウス「CBGB」の知的財産保有会社が倒産

ニューヨークのライブハウス「CBGB」の知的財産保有会社が倒産

ニューヨークのライブハウス「CBGB」の知的財産保有会社が倒産

2006年に閉館したニューヨークの著名ライブハウス「CBGB」から知的財産権を譲り受けた「CBGBホールディングス」は、6月11日付でマンハッタン連邦破産裁判所へ破産法第11章(民事再生法に相当)を申請し倒産したことが明らかになりました。

1973年に開館した「CBGB」は、パンクバンドを中心に様々なスターを輩出した伝説のライブハウスとして、音楽ファンに絶大な支持を得ていました。

しかし、賃貸契約の問題により2006年10月に惜しまれながら閉館すると、2008年には投資家グループが350万ドル(約3億1500円)で知的財産権を買収し「CBGBホールディングス」を設立。

以後は、ロゴを配したTシャツやグッズの販売を通じてブランド再興を目指すも、景気低迷の影響で資金繰りが悪化し、やむなく今回の措置に至ったようです。

申請書によると、負債額は100万~1000万ドル(約9000万~9億円)。

同ライブハウスは、「パティ・スミス」「ラモーンズ」「トーキング・ヘッズ」「ブロンディー」などが出演したことで有名。

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事