不景気.com > 国内倒産 > 青山アセットエイジェンシーが破産決定受け倒産、負債28億

青山アセットエイジェンシーが破産決定受け倒産、負債28億

青山アセットエイジェンシーが破産決定受け倒産、負債28億

東京都港区に本拠を置く経営コンサルタント「青山アセットエージェンシー」は、6月9日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1986年に設立の同社は、「青山コーポレーション」や「青山総合研究所」などと青山フィナンシャルステーショングループを形成し、保険コンサルティングを主力に事業を展開していました。

しかし、2009年8月に「青山コーポレーション」が破産手続の開始決定を受け倒産するとグループの経営は悪化。資金繰りが行き詰まる中、これ以上の事業継続は困難と判断し、「青山総合研究所」とともに今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、関係会社3社も同様の措置が取られ、負債額は「青山アセットエージェンシー」が約28億円、「エイ・エフ・エス・ジー」が約2億1500万円、「エービーシートラスト」が約2億円、「エイウェックス」が約4億300万円。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事