不景気.com > 国内倒産 > 奈良の「秋本建設」が民事再生法を申請、負債21億

奈良の「秋本建設」が民事再生法を申請、負債21億

奈良の「秋本建設」が民事再生法を申請、負債21億

奈良県五條市に本拠を置く土木建築の「秋本建設」は、6月24日付で奈良地方裁判所・五條支部へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1961年に創業の同社は、マンションやビル建設のほか公共土木・舗装工事を主力に事業を展開し、2004年3月期には年間約22億円の売上を計上していました。

しかし、公共工事の縮減により受注が大幅に減少したことに加え、工事代金の回収遅延などから資金繰りが悪化。営業所の閉鎖をはじめとするリストラ策で生き残りを目指したものの、業況は悪化の一途をたどり遂に今回の措置となったようです。

帝国データバンクによると、民事再生申請時の負債総額は約21億円。なお、関係会社の「旭登興業」も同様の措置が取られ、負債額は約1億7700万円。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事