不景気.com > 国内倒産 > 自動車販売修理の「赤羽カーサービス」が破産決定受け倒産

自動車販売修理の「赤羽カーサービス」が破産決定受け倒産

自動車販売修理の「赤羽カーサービス」が破産決定受け倒産

東京都北区の自動車販売および修理業「赤羽カーサービス」は、6月4日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1956年に創業の同社は、国産車・輸入車の全メーカーを対象に新車・中古車の販売から修理・保険代行業務などを手掛け、1999年8月期には年間約14億円の売上を計上していました。

しかし、景気低迷による自動車不況の影響で販売が落ち込むと、取引先に対し焦げ付きが発生するなど資金繰りが悪化。やむなく事業継続を断念し、今回の措置となったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約10億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事