不景気.com > 国内倒産 > 「千葉興業」と「日本ホーバス」が民事再生法を申請

「千葉興業」と「日本ホーバス」が民事再生法を申請

「千葉興業」と「日本ホーバス」が民事再生法を申請

千葉県千葉市の鋼材卸「千葉興業」と、子会社の導管製造「日本ホーバス」は、5月19日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1953年に設立の同社は、大手ゼネコンなどへ鋼材や鉄鋼二次製品の卸販売を展開し、2007年にはプラスチック複合管および導管製造販売の「日本ホーバス」を子会社化し事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による販売減で業績が悪化すると、2009年には取引先の「旭鉄工」(福岡)が倒産し約3億5000万円の焦げ付きが発生。資金繰りに行き詰まり、今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は千葉興業で約28億円、日本ホーバスで約44億円。一方、東京商工リサーチによると、千葉興業の負債総額は約46億円の見通し。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB] | 千葉興業(株) 東京商工リサーチ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事