不景気.com > 国内倒産 > 北海道のホテル「天人閣」が再生手続廃止、破産決定受け倒産

北海道のホテル「天人閣」が再生手続廃止、破産決定受け倒産

北海道のホテル「天人閣」が再生手続廃止、破産決定受け倒産

民事再生法の適用を申請していた北海道東川町・天人峡温泉の老舗ホテル「天人閣」は、4月28日付で旭川地方裁判所より再生手続の廃止決定および破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1900年に創業した「松山温泉」を前身とする同ホテルは、長い歴史を誇る北海道屈指の老舗。大雪山国立公園・天人峡温泉に位置し、豊かな自然と泉質が利用者の支持を得ていました。

しかし、消費不況による客離れが深刻となり売上はピーク期の4分の1程度にまで減少。民事再生法による再建を目指したものの、資金繰りの逼迫は限界を超えていたため、やむなく今回の措置に至ったようです。

負債総額は約8億4000万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事