不景気.com > 国内倒産 > 空調・配管資材卸「プロハンズ・ヤマシタ」が破産申請し倒産へ

空調・配管資材卸「プロハンズ・ヤマシタ」が破産申請し倒産へ

空調・配管資材卸「プロハンズ・ヤマシタ」が破産申請し倒産へ

岐阜県岐阜市に本拠を置く「プロハンズ・ヤマシタ」は、5月25日までに事業を停止、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

帝国データバンクによると、1966年に創業の同社は、空調・管工事業者を主な取引先として空調関連資材や配管工事用機械工具の卸売りを展開し、2007年5月期には年間約14億円の売上を計上していました。

しかし、景気低迷による需要減速や設備投資の抑制などで受注が大幅に落ち込むと、借入金が資金繰りを逼迫し経営が悪化。これ以上の事業継続は困難と判断し、今回の措置に至ったようです。

2009年5月期末時点の負債総額は約6億6000万円

なお、土木建築業者向け機械器具卸を手掛ける関連会社「中央機販」も同様の措置となっています。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事