不景気.com > 国内倒産 > ニッセイ電機が自己破産申請し倒産へ、負債100億

ニッセイ電機が自己破産申請し倒産へ、負債100億

ニッセイ電機が自己破産申請し倒産へ、負債100億

東京都渋谷区広尾に本拠を置く「ニッセイ電機」は、事後処理を弁護士に一任し、近日中にも自己破産を申請し倒産する見通しであることが明らかになりました。

1959年に長野県岡谷市で「日本精密電気研究所」として創業した同社は、国内外の家電および産業機器メーカーを主な取引先としてフィルムコンデンサの製造販売を主力に事業を展開。

1969年には岩手県に花巻工場・一戸工場を開設したほか、1990年にはイタリアのARCOTRONICS社を買収するなど業容を拡大していました。

しかし、景気低迷の影響で取引先メーカーからの受注が減少すると、多額の借入金が資金繰りを逼迫。事態は債権者による預金差し押さえに発展したことで、これ以上の事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約100億円の見通し。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事