不景気.com > 不景気ニュース > 日産が最高級車種「プレジデント」「シーマ」を8月で生産終了

日産が最高級車種「プレジデント」「シーマ」を8月で生産終了

日産が最高級車種「プレジデント」「シーマ」を8月で生産終了

日産自動車は、同社の最高級車種「プレジデント」と「シーマ」の生産を、今年8月で終了することが明らかになりました。

1965年発売のプレジデントは、その名の通り「社長が乗る車」として主に法人・官公庁向けに販売。一方、1988年発売のシーマは、バブル期における高級車ブームの火付け役として絶大な人気を誇っていました。

しかし、バブル崩壊後は消費者の高級車離れや外車人気に押され販売が低迷すると、昨今は環境配慮の観点から法人・官公庁が挙って環境対応車に乗り換えるなど苦戦。また、新しい衝突安全基準へ適合しなくなることから、そのタイミングをもって生産終了の決定に至ったようです。

後継車種の開発は行わない方針で、今後は「フーガ」を同社の高級車種として販売していく方針。

日産:プレジデント、シーマの生産終了...8月末で - 毎日新聞
日産「プレジデント」「シーマ」生産終了 : 読売新聞

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事