不景気.com > 雇用問題 > 11年春新卒大学生の就職内定率は前年比微減の47.8%

11年春新卒大学生の就職内定率は前年比微減の47.8%

11年春新卒大学生の就職内定率は前年比微減の47.8%

就職情報サービスの「ディスコ」によると、2011年春卒業予定となる大学生の就職内定率(5月1日現在)は、前年同期比で1.7%減の47.8%だったことが明らかになりました。

同社が大学生モニター2000名を対象に実施した調査によるもので、理系学生の採用が回復傾向にある一方、文系男子学生の採用は前年比で7.5%の悪化を見せるなど、依然として厳しい状況が続いています。

5月1日現在の内定率状況:ディスコ調べ

文系男子 文系女子 理系男子 理系女子 全体
内定率 42.1% 44.4% 53.6% 58.7% 47.8%
前年比 △7.5% △2.4% 0.5% 8.0% △1.7%
内定社数 2.1社 1.8社 1.6社 2.0社 1.9社

また、内定を得ていない学生を対象にした設問では、「まったく見通しが立っていない」と回答した学生が21.3%に上り、「就職以外の道を考える」とした学生も12.3%に及んでいます。

内定率、前年同期をやや下回る 理系復調も文系苦戦 - ディスコ

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事