不景気.com > 国内リストラ > 医薬品卸の「メディパルホールディングス」が750名の人員削減

医薬品卸の「メディパルホールディングス」が750名の人員削減

医薬品卸の「メディパルホールディングス」が750名の人員削減

東証1部上場の「メディパルホールディングス」は、希望退職者の募集による750名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは、医療用医薬品の卸売事業を営む子会社「メディセオ」(東京)、「エバルス」(広島)、「アトル」(福岡)の3社に勤務する満50歳以上59歳以下かつ勤務年数が10年以上の社員。

退職日は9月末日とし、退職者には特別割増退職金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針。なお、割増退職金等の支給により約97億円の特別損失を見込むとのこと。

同社では、昨年5月に1000名の希望退職者を募集したものの、応募者は257名にとどまったことから、余剰となっている750名の追加削減に踏み切ったようです。

希望退職者募集に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事