不景気.com > 不景気ニュース > 松屋浅草が屋上遊園地と飲食街を閉鎖、縮小営業の一環で

松屋浅草が屋上遊園地と飲食街を閉鎖、縮小営業の一環で

松屋浅草が屋上遊園地と飲食街を閉鎖、縮小営業の一環で

百貨店「松屋浅草」の屋上遊園地「プレイランド」と7階の「レストラン街」が、5月31日をもって閉鎖されます。

これは収益悪化を受けた浅草店の縮小営業戦略によるもので、同社では5月末日までに4階以上の売場を閉鎖すると発表し、すでに4~6階までの売場を閉鎖していました。

屋上遊園地は、同百貨店が開店した1931年から営業を開始。日本で一番古い屋上遊園地として知られ、これをきっかけに他百貨店へ屋上遊園地が広まったとも言われています。

今後は、「浅草寺」や「東京スカイツリー」への観光客などをターゲットに、収益率が高い地下1階から3階(2階は東武浅草駅)の営業で業績回復を目指す方針。

MATSUYA | 松屋浅草が店舗面積の約6割を閉鎖、3階以下で縮小営業へ

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事