不景気.com > 国内倒産 > 静岡の厨房機器・ギフト用品「伊勢吉」が自己破産申請し倒産へ

静岡の厨房機器・ギフト用品「伊勢吉」が自己破産申請し倒産へ

静岡の厨房機器・ギフト用品「伊勢吉」が自己破産申請し倒産へ

静岡県清水町に本拠を置く厨房機器卸・ギフト用品販売の「伊勢吉」は、5月7日付で事業を停止し、近日中にも自己破産を申し立て倒産する見通しであることが明らかになりました。

1868年に創業、1958年に設立の同社は、近隣の旅館や飲食店などを主な取引先として厨房機器および調理機器の卸売りを手掛けるほか、ギフト用品の小売販売などを展開していました。

しかし、景気低迷の影響や低価格品との競合により売上はピーク期の半分程度にまで落ち込み経営が悪化。今後も業績の回復が見込めないと判断し、やむなく今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約2億5000万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事