不景気.com > 国内倒産 > 静岡の海運業「フジシッピング」が民事再生法を申請

静岡の海運業「フジシッピング」が民事再生法を申請

静岡の海運業「フジシッピング」が民事再生法を申請

静岡県静岡市に本拠を置く海運・港湾土木の「フジシッピング」は、5月28日付で民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1971年に設立の同社は、建設資材等の国内輸送を主体とする海運事業と、それに関連する港湾土木工事や資材販売などを展開し、好況時は年間20億円規模の売上を計上するなど業績は順調に推移していました。

しかし、景気低迷による建設需要の落ち込みで取扱高が減少すると、売上高は好況時の半分程度まで転落し業績が悪化。船舶購入などの借入金が資金繰りを逼迫したことで、単独での事業再建を断念し今回の措置となったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約14億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事