不景気.com > 海外リストラ > 米ソーシャルニュースの「Digg」が従業員の10%を削減へ

米ソーシャルニュースの「Digg」が従業員の10%を削減へ

米ソーシャルニュースの「Digg」が従業員の10%を削減へ

アメリカのソーシャルニュースサイト大手「Digg」(ディグ)は、従業員約120名のうち10%相当を削減する方針であることが明らかになりました。

これは現CEOのケビン・ローズ氏が従業員に宛てたEメールにより明らかになったもので、「難しい判断だったが、削減は正しい選択」だと説明。

同様のソーシャルメディアサイトでは「Twitter」や「Facebook」が利用者数を大きく伸ばす一方、読者参加型ニュースサイトとしての特徴を両サイトに侵食されつつある「Digg」は成長が鈍化。

従業員の削減によるリストラ策をテコに、新たな経営戦略が見出せるかが鍵となりそうです。

Digg Plans 10 Percent Layoff - Bits Blog - NYTimes.com

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事