不景気.com > 海外倒産 > 元NBAプロバスケ選手の「アントワン・ウォーカー」が自己破産

元NBAプロバスケ選手の「アントワン・ウォーカー」が自己破産

元NBAプロバスケ選手の「アントワン・ウォーカー」が自己破産

アメリカのプロバスケットボールリーグ「NBA」の元スター選手「アントワン・ウォーカー」氏が、日本の自己破産に相当する連邦破産法第7章を申請し倒産したことが明らかになりました。

1976年生まれの同氏は、NBA所属の「ボストン・セルティックス」や「マイアミ・ヒート」などで活躍したパワーフォワード。オールスターに3度選出されたほか、2006年にはマイアミ・ヒートを優勝に導くなどスター選手として活躍しました。

しかし、ギャンブルや派手な私生活がたたり負債が増加すると、13年間のプロ生活で稼いだと言われる1億1000万ドル(約100億円)を使い果たし資金繰りに逼迫。遂に今回の措置となったようです。

裁判所に提出された書類によると、負債額は1270万ドル(約11億5000万円)。

なお、差し押さえ資産の一部として、2006年の優勝時に獲得したチャンピオンリング(資産価値6000ドル=約54万円)が記録されている模様。

Ex-NBA star Walker's Tinley house foreclosed :: The SouthtownStar

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事