不景気.com > 買収合併 > 穴吹工務店の再生支援にマンション最大手「大京」を選定

穴吹工務店の再生支援にマンション最大手「大京」を選定

穴吹工務店の再生支援にマンション最大手「大京」を選定

2009年12月11日付で更生手続の開始決定を受け経営再建中の「穴吹工務店」は、再生支援スポンサーに投資ファンドの「ジェイ・ウィル・パートナーズ」とマンション最大手の「大京」を選定したと発表しました。

両社が出資する合同会社「ジェイ・エル・ケイ」(JLK)との間でスポンサー契約を締結するとともに、大京グループとの間で業務提携を行うことで合意に達したとのこと。

今後は、更生計画案が可決された上で、JLKが穴吹工務店に対し出資および事業資金の融資を行うほか、大京グループとの情報共有や工事業務の紹介などを行っていく予定。

1905年に創業の穴吹工務店は、サーパスマンションシリーズを主力に販売を展開し、2007年にはマンション供給戸数で全国1位に躍り出るなど事業を拡大。しかし、景気低迷による販売減などで業績が悪化すると、2009年11月には1540億円の負債を抱え会社更生法の適用を申請していました。

スポンサー契約締結および事業家管財人就任等のお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事