不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース4/18、リストラや倒産・業績悪化が話題に

週刊不景気ニュース4/18、リストラや倒産・業績悪化が話題に

週刊不景気ニュース4/18、リストラや倒産・業績悪化が話題に

4月12日から18日に起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。リストラや企業倒産、業績の下方修正などが話題の1週間になりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、神奈川の広告製作「エーディークリエイツ」、北海道の不動産賃貸・管理「小樽開発」、元SFCGグループの「Jファクター」、千葉の建設業「平澤建設」、岩手の結婚式場等運営「ダイヤモンドパレス」、江戸川の解体工事「三大建設工業」、鳥取の旅館「浜村ビューホテル」。

また、民事再生法の適用を申請したのは、福島の衣料品卸売「鈴木忠」と、山形の旅館経営「ホテル藤屋」。

一方、人員削減によるリストラ策を発表したのは、建設業の「不動テトラ」で80名、名古屋の百貨店「丸栄」で150名、プラスチックバルブ製造の「旭有機材工業」で60名、音楽ソフト・書籍販売の「新星堂」で185名、注文住宅の「エス・バイ・エル」で145名。

その他、大幅な業績の下方修正を明らかにしたのは、「ベスト電器」で純損失398億円、「鹿島」で営業損失90億円、「清水建設」で純損失75億円などとなっています。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事