不景気.com > 国内倒産 > 映画配給の「トルネード・フィルム」が自己破産を申請し倒産

映画配給の「トルネード・フィルム」が自己破産を申請し倒産

映画配給の「トルネード・フィルム」が自己破産を申請し倒産

東京都渋谷区に本拠を置く映画配給の「トルネード・フィルム」は、4月1日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

2005年3月に設立の同社は、外国語映画および日本映画の配給・宣伝を主力に事業を展開し、「日本以外全部沈没」や「ヅラ刑事」など個性的な映画の配給を手掛けてきました。

しかし、不況による映画産業の低迷で近年は業績が悪化。資金繰りに行き詰まったことで事業継続を断念し、今回の措置に至ったようです。

同社によると、負債総額は約3億円

なお、同社代表の「叶井俊太郎」氏は、漫画「だめんず・うぉ~か~」の作者「倉田真由美」氏の夫としても有名。

(株)トルネード・フィルム破産申立てに関するご報告とお詫び

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事